サイトのイメージ画像

家庭教師専門のアルバイト一括登録サイト

北海道から九州地方まで日本全国の家庭教師派遣会社の募集情報を掲載中です。気になった家庭教師会社に一括登録も出来ます。また、登録から指導開始までの流れやメリット・デメリットなどについても解説していますので、これから家庭教師バイトを始めようと考えている人におすすめです。

家庭教師のバイト探し

地域から家庭教師の登録会社を探す -都道府県一覧ー

日本地図

都道府県ごとに家庭教師の派遣会社を紹介しています。

家庭教師のアルバイトをお探しの方は、ご自分の居住地域から登録会社に応募してください。

それぞれの会社への個別登録はもちろん、おすまいの地域を対象とする会社に一括で登録可能です。

北海道・東北地方 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
北関東 茨城栃木群馬
南関東 東京神奈川埼玉千葉
関西地方 大阪京都兵庫滋賀奈良和歌山
東海地方 静岡愛知岐阜三重
北陸地方 富山石川福井
甲信越 長野新潟
中国地方 広島岡山鳥取島根山口
四国地方 香川愛媛高知徳島
九州地方・沖縄 福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島
注目の都市 札幌仙台横浜神戸

家庭教師派遣会社のタイプ

家庭教師会社

全国には数多くの家庭教師の派遣業務を行っている業者が点在しています。

アルバイトスタッフ(大学生や短大生)を中心に運営しているところもあれば社会人によるプロ教師のみの会社、さらにはバイトではなく個人契約家庭教師の仲介を行う業者もあります。

また、活動エリアを見ても全国展開している会社から地域限定の会社まで様々です。自分に合ったタイプの環境でバイトを始めましょう。

アルバイトの内容について詳しく知りたい

家庭教師は塾講師と並んで大学生や大学院生を中心に人気のあるアルバイトです。学生アルバイトというイメージの強いですが、登録会社によっては学生以外の社会人でも始めることが出来ます。また、社会人のみの募集となっているところもあります。

ここでは家庭教師のバイトを始める前に知っておきたいポイントをまとめました。

家庭教師バイトの始め方~登録からバイト開始までの流れ

登録シート

登録から実際に生徒の指導を始めるまでの流れについて詳しく説明しています。家庭教師の場合、通常のアルバイトとは少し異なる点も多いので、初めての人はチェックしておきましょう。登録会社によって若干の違いはありますが基本的な流れは同様です。

家庭教師バイトの始め方

どんな人が向いている?こんな人におすすめ!

私に向いている?

家庭教師バイトというと「大学生」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には大学院生はもちろん、短大生や専門学校生、社会人・フリーターの方まで従事しています。ただ、家庭教師派遣会社によっては、大学生もしくは4年生大学卒業以上でないと登録出来ないところもあるので気を付けましょう。

この他、子供好きな人にもおすすめです。高校生や中学生を対象に教える場合はあまり意識する必要はないのですが、小学生を生徒に持つ場合は指導中に飽きさせない工夫が必要になってきます。

関連記事:家庭教師のアルバイトは短大生・専門学校生・社会人でも出来ますか?

家庭教師は短期でも出来るの?

長期アルバイトのイメージが強い家庭教師ですが、短期での募集もございます。ただ、短期で家庭教師を始める場合はいくつか注意しなくてはいけないことがあります。

家庭教師のアルバイトは短期もOK?

指導対象は?どんな生徒に教えるの?科目・教科は?

一般的な家庭教師会社では教える対象は小学生および中学生の割合が高めです。高校生さらには大学生に対して指導を行う会社もありますが、この場合は大学生のアルバイトと言うよりはプロ講師専門の会社であるケースがほとんどです。基本的には小学生や中学生を相手に学習指導を行うと考えていいでしょう。

家庭教師を依頼する目的は様々なので、それに対応した指導をしなくてはいけません。苦手教科の克服、学校の定期試験(中間・期末試験)対策、中学受験・高校受験・大学受験対策などが一般的な目的として挙げることが出来るでしょう。

それぞれの会社によって、受験対策が得意なところ、勉強が苦手な生徒への指導に強みをもつところ、など様々な特徴があるので家庭教師の登録をする場合はその辺りもチェックすることをおすすめします。

教える科目はいわゆる主要五科目<国語・数学(算数)・理科・社会・英語>が基本です。高校生の場合は社会は日本史・地理・世界史、理科は物理・化学・生物・地学に分類されます。場合によっては、理系出身の先生が文系科目を教えたり、先生が苦手な科目も教えなくてはいけないこともあります。

小学生中学生高校生

メリット・デメリット

給料ゲット

家庭教師のアルバイトのメリットは何と言っても時給の高さが挙げられるでしょう。他の大学生のアルバイトに比べると圧倒的に高く、時給1500~2000円ぐらいが一般的です。

一方、デメリットとしては、家庭教師への登録・採用後にすぐにアルバイトが始められないケースもあるという点が挙げられると思います。教師系のバイトとして比べられることが多い塾講師と比較しながら特徴をよく掴んでおくといいでしょう。

メリットとデメリット

よくある質問集(FAQ)

これから家庭教師のアルバイトを始めようとしている人、または既に始めている人から寄せられることが多い質問とその回答をまとめました。

「未経験者でも出来ますか?」、「家庭教師に登録後すぐにバイトを始められますか?」、「異性の生徒を教えることは出来ますか?」など。

例えば、こんな質問があります。

よくある質問集(FAQ)一覧

個人契約の家庭教師について

契約書

「個人契約」という言葉を聞いたことはありますか?一般的には、家庭教師会社に登録してアルバイトという形態で生徒の指導にあたりますが、個人契約では生徒宅と先生との間で直接契約を結び学習指導を行います。個人契約とアルバイトではそれぞれにメリット・デメリットがあるので、よく違いを把握した上で自分にあった形態を選びましょう。

個人契約とは?個人契約の家庭教師の登録方法など

科目・教科別の教え方、指導内容、ポイントなど

5教科

どんな教科を担当するのかは、通常、家庭教師派遣会社との話合いで決まります。登録する際に、指導可能科目・得意科目を家庭教師会社に伝えますが、生徒さんの状況によっては得意科目ばかりでなく、やや苦手な科目の指導をお願いされる場合もあります。苦手科目・得意でない分野については研修や自分自身の予習で補うしかないでしょう。

英語国語算数・数学社会理科

所属大学別

このページの先頭へ