家庭教師に必要な学力・学歴

Q.どのくらいの学力があれば家庭教師は出来ますか?

学歴のイメージ

家庭教師のバイトを始めようと考えた場合、自分の学力や学歴(出身大学)で出来るのかどうかを気にする人は多いようです。応募資格に「偏差値〇○以上の大学出身者」といった表記はありませんからね。

ここでは、家庭教師のアルバイトと学歴・学力の関係について解説します。

家庭教師派遣会社によって応募資格・採用条件は異なる

当然といえば当然ですが、家庭教師会社によって必要とされる学力や学歴は違ってきます。高校生を対象に大学受験対策を請け負うような会社であれば高学歴が必要となりますが、勉強の苦手な小中学生を中心に指導するような家庭教師会社であれば学歴は重要視されません。

まずは自分の登録しようとしている会社がどういったタイプに分類されるのかを確認しましょう。

受験対策を中心とした家庭教師会社は高学歴が必要

大学受験や高校受験を控えた生徒を多く抱えているような家庭教師会社の場合は高い学力・学歴が要求されます。具体的には国立大学や私立であれば、早稲田・慶應、MARCH(明治、青山、立教、中央、法政)、関関同立(関西大、関西学院大、同志社、立命館)とった大学です。日東駒専(日大、東洋、駒澤、専修)レベルだと少し厳しいかもしれません。

ただ、こういった受験に特化したタイプの家庭教師の会社はそれほど多くありません。

勉強が苦手な生徒向けの家庭教師会社の場合

割と最近多いのが、勉強が苦手な小学生、中学生(一部高校生)向けの家庭教師会社です。こういった会社では高学歴や高い学力は重視されないため、やる気さえあれば誰でも登録可能です。

偏差値的に俗に二流・三流(低学歴)とされる大学の学生の場合、家庭教師に登録することを躊躇する人も多いのですが、少なくとも大学に合格出来るだけの学力ああるわけなのでまったく問題ありません。

また、応募資格を「高卒以上」としている会社であれば大学生はもちろん、短大生や専門学校生、高専生(4年生・5年生)でも家庭教師のアルバイトを始めることが出来ます。

学力より大事なのは教えるスキル

先生自身が高学歴で学力が高い方がいいのは間違いないのですが、家庭教師にとって重要になってくるのはわかりやすく教える技術です。どんなに先生の頭が良くても教え方が下手では意味がありません。

アルバイトを始める前に家庭教師会社の研修があり、そこで教え方のコツなどを学ぶことは出来ますが、それだけでは十分とは言えません。どうやったら生徒にわかりやすく伝わるのかといったことを常に考え工夫していく必要があります。

関連するよくある質問

家庭教師派遣会社を探す

北海道・東北地方 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
北関東 茨城栃木群馬
南関東 東京神奈川埼玉千葉
関西地方 大阪京都兵庫滋賀奈良和歌山
東海地方 静岡愛知岐阜三重
北陸地方 富山石川福井
甲信越 新潟長野
中国地方 広島岡山鳥取島根山口
四国地方 香川愛媛高知徳島
九州地方・沖縄 福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島

このページの先頭へ