短期の家庭教師バイト(1ヶ月・3か月・夏/冬/春休み)

家庭教師登録センター

家庭教師登録センター

短期の家庭教師のアルバイト

家庭教師というと長期で行うアルバイトというイメージがありますが、短期間でも始めることも可能です。

ここでは、希望する家庭教師会社に一括登録(最大で10社程度)が出来る他、短期で家庭教師のアルバイトを始める場合に知っておきたいこと、注意したいことについても解説しています。

家庭教師会社に登録する

短期で始める場合の注意点

短期とはどの程度の期間のこと?

POINT

一般的に「短期」とは、3ヶ月以内のこと

初めに「短期」の定義について確認しておきましょう。求人募集情報などで「短期」といった場合は、3ヶ月以内を指します。1日のみや1ヶ月も短期に含まれます。

短期OKで募集している家庭教師会社は多い

POINT

多くの家庭教師会社で短期可で募集

実際のところは、募集情報において短期OKとしている家庭教師会社は多く、短期を希望する人でも登録することが出来ます。ただ、実際にすぐに指導を始めることが出来るかと言えば必ずしもそうではありません。

生徒さんとのマッチングに難あり

POINT

短期指導を希望する生徒さんは少ない

家庭教師は、先生と生徒の希望条件が合致して初めて成立するお仕事です。条件というのは通常は指導科目や指導時間・曜日、性別といった項目が挙げられますが、短期で家庭教師のアルバイトをやりたい場合は生徒も短期を希望している必要があります。短期も希望する生徒の数は少ないため、実際問題、登録しても生徒が見つからずに指導が始められないこともあります。

とりあえず登録しておくことは可能ですが、短期間でやることに拘りすぎると中々バイトを始めることが出来なくなってしまうので、その点は覚悟しておきましょう。

担当の先生が途中で変わることは稀

通常、一人の生徒さんは同じ先生が契約期間が終了するまでずっと担当することになります。親御さんからのクレームなどで先生が変わることはあり得ますが、先生側の都合で担当が変わるということは基本的にはNGです。

このため、1年間の指導を希望する生徒さんに対して、「自分は3ヶ月間だけ指導して後は別の先生に任せよう」といった考えは通用しませんので注意しましょう。

大学生におすすめなのは夏・冬・春休みなど

POINT

大学生は長期休暇のタイミングがおすすめ

大学生を始め専門学校生や短大生のみなさんで、短期で家庭教師のアルバイトを始めたい場合は、大学の夏休みや冬休み・春休みがおすすめです。特に大学生の場合は春休みの期間が長く年度の変わり目でもあるため、比較的生徒が探しやすい時期とも言えます。

また、生徒の中には夏休み、冬休み、春休みといった学校の休暇中のみ家庭教師をお願いするというケースもあります。そういったケースと合致すれば短期と言えども生徒さんは見つかりやすいでしょう。

登録は簡単3ステップ!

STEP1.勤務を希望するエリアを選択

勤務を希望する都道府県、市区町村を選択してください。

STEP2.家庭教師会社を選択

登録したい家庭教師会社を選択してください。複数選択はもちろん、1社のみの登録も可能です。

STEP3.応募フォームから登録情報を送信

応募フォームにお名前などの必要事項を記入し送信すると登録完了です。各家庭教師会社からの連絡をお待ちください。

地域を選択して登録開始

他の質問も見る